処理後の肌はつるつるに

仰向けの女性

美しさが長持ちする

脱毛には2つの大きな特徴があります。一つは毛根から処理すること、もう一つは新しい毛が生えてこないようにすることです。通常、ムダ毛の自己処理はカミソリで剃るという人が多いでしょう。この場合、肌表面に出ている部分をカットすることになります。その際断面は斜めになってしまうことが多く、断面積が広くなるためかえって黒く目立ってしまいがちです。脱毛をすると毛は根元からするりと抜け落ちるので、こうしたことがありません。黒いポツポツが残ることもなく、毛がなくなった後の肌は毛穴が引き締まってつるつるになります。自己処理でも毛抜きで抜けば黒いボツボツは残らない、と考える人もいるでしょう。確かにいったんはきれいになりますが、新しい毛を生み出す毛の再生組織はそのままなので、再び毛は生えてきてしまいます。そのたびに毛抜きで抜く、ということを繰り返していると毛穴にダメージを与え、埋没毛になってしまうこともあります。埋没毛は毛穴から生えた毛が皮膚の下で伸びてしまうもので、非常に見苦しいものです。脱毛では毛根だけでなく毛の再生組織にもダメージを与えます。すると新しい毛が作られにくくなり、何度も処理を繰り返す必要がなくなるのです。カミソリや毛抜きで処理する必要がなくなるので、肌を傷める心配はありません。毎日の面倒なお手入れからも解放され、ストレスがなくなるのも大きなメリットです。肌のためにはむしろ自己処理より脱毛の方が安全といえるでしょう。

Copyright© 2019 健康や美的悩みにも特化した施術を提供している All Rights Reserved.